グランピングキャンプやイベントパーティーに使えるLED照明 | お役立ちコラム | デザイン抜群のグランピングツール施工で企画運営を加速|delux

デザイン抜群のグランピングツール施工で企画運営を加速するならdelux

  • facebook
  • YouTube
  • ZENSINブログ
  • インスタグラム
  • 0120-102-548

グランピングキャンプやイベントパーティーに使えるLED照明

2018.06.28  コラム  

現在LED照明は公共施設からオフィス、また家庭用にとありとあらゆる場所で使用されています。また照明はリラックス効果と場を盛り上げる効果があり、屋外施設では照明と音楽と合わせれば、即席の屋外クラブイベント会場へ大変身!今回はグランピングキャンプやイベント、パーティーに大活躍するLED照明のオススメ使用方法ご紹介いたします。

 

グランピングキャンプ

グランピングキャンプとは普通のキャンプをさらに豪華にした「グラマラス&キャンピング」の造語です。またキャンプ施設をさらにオシャレに、豪華に見せるLED照明は非常に大切な装飾の一つです。

キャンプ施設ではどんなに美しく機能性良い家具を並べても、照明がなければ夜は真っ暗で、暗い雰囲気のキャンプ場になってしまいます。これではグラマラス(豪華)なキャンプとは言えませんね?

キャンプ場では快適性のほかにムードが非常に大切になってきます。しかしLED照明を工夫して使えば、オシャレで輝かしい雰囲気のナイトキャンプ場へと大変身。

キャンプ施設に来場されてるゲストも、真っ暗なキャンプ場と輝かしいキャンプ場とでは、ムードの感じ方も大きく違ってくるでしょう。

またLED照明のタイプは大きく分けて2つです。一つは屋内用(テント内)。そしてもう一つは屋外用のLED照明です。屋内用のLED照明はテント内で間接照明と同じように、快適性とリラックス効果を与えてくれます。そして屋外用テントでは、流行りのインスタ映えなどに最適な雰囲気づくりに貢献してくれるでしょう。

どちらも工夫した装飾をすることで他のキャンプ場と差別化し、オリジナルのキャンプ場を作ることができます。

 

 

chikaさん(@shioyachika39)がシェアした投稿

 

シティ情報ふくしまさん(@cj_fukushima)がシェアした投稿

POINT■グランピングキャンプにLED照明はムード作りのため必要。

■屋内用、屋外用のLED照明を効果的に使い分ける。

■そうすることでオリジナルのキャンプ場が設営できる。
 

プールイベント

近年は日が暮れてから営業するナイトプールが首都圏を中心に増えてきています。そんなナイトプールが広まった経緯として、2011年の大震災の節電対策時に会社の就業時間が短くなったサラリーマンやOLの方々向けに、東京のホテル企業がPRし始めたことから広まりました。

またナイトプールでは昼間のプールでは見られない、ダンスイベントやDJブースを使用した音楽イベントなど、プールで泳ぐ以外のエンターテインメントを楽しむことができるのが特徴です。

そしてエンターテインメントスペースに大切なのが照明機材。ナイトプールに行った事がある方はご存知だと思いますが、光をテーマにしたプールが多く、もはや照明装飾の無しのナイトプールは考えられません。

また近年のナイトプールは雑誌やテレビなどのメディアとコラボした、さらにエンターテインメント色の強いプールが増えてきています。そのため他のナイトイベントと同じように、ナイトプールも今後はより一層と照明設備(LED照明)と音楽とのコラボレーションが大切になってくるでしょう。  

 



桃尻さん(@peach_hip24)がシェアした投稿




POINT■ナイトプールは近年増加中。

■プールで泳ぐ以外のエンターテインメントを楽しむことができるのが特徴。

■今後はより一層音楽とのコラボレーションが大切。
 

ビーチパーティー

屋外フェスや沖縄観光の人気などから、ビーチパーティーも人気になってきています。DGブースなど音響設備を兼ね備えた近年のビーチパーティーでは、豪快にLED装飾をしてさらに目立つようなイベント会場に仕上げているんです!

またビーチパーティーが盛んな欧米や東南アジア海では、昼は普通の海水浴場、しかし夜は有名クラブ顔負けの豪華で派手なパーティー会場へと様変わりするのは珍しくありません。

そしてビーチパーティーに参加しているのは、俗にいうパリピ(パーリーピーポー)だけではありません。純粋に音楽や雰囲気を楽しむ一般の方々も幅広く参加しています。

また普段のビーチにはパーティー用の装飾照明がないので、まずイベント時のためにLED装飾の追加設置は必須です。こういったビーチパーティーは、美しいビーチが多い沖縄だけでなく首都圏のビーチでも盛んに行われており、最新の照明機材の需要も伸びています。

また海外からの訪日観光客も毎年右肩上がりで急増しているので、今後はますますビーチでのパーティーが増え、艶やかに装飾できるLED照明の使用も増えていくでしょう。

 

 

ᔕYᖇEᑎᗩ_ᗩᐯEᖇYさん(@syrena_avery)がシェアした投稿

 

Thee GROOV-E-istさん(@whynotgroove)がシェアした投稿

POINT■屋外フェスや沖縄観光の人気などから、ビーチパーティーも人気。

■ビーチパーティーに参加しているのは、俗にいうパリピ(パーリーピーポー)だけではない。

■訪日観光客も毎年右肩上がりで急増しているので、今後はますますビーチでのパーティーが増える。
 

ナイトクルージングパーティー

ナイトクルージングパーティーといえば、派手で豪華なクルーザーに乗ったセレブ欧米人たちをイメージしがちですが、実は日本国内でも非常に盛んになってきています。首都圏では東京や浜を中心に盛り上がってきており、関西では大阪や神戸でのクルージングパーティーが人気です。

またこういったナイトクルージングは、営利的イベントだけでなく、個人や企業がクルーザーを貸し切って楽しむといったスタイルも珍しくありません。

複数のクルージングパーティー参加者がいれば、1人当たりの費用も少なくなり、クルーザー1艘を数時間貸し切ってするパーティーも容易にできます。(1~2時間6~12万円でレンタルできて、30人ほどの参加者がいれば1人あたり3千円ほどでレンタル可能)

こういったナイトクルージングパーティーも、近年の訪日外国人の急増でさらに需要が高まっており、派手で豪華なクルージングパーティーを楽しみたい外国の方々にとって、照明装飾は非常に大切です。訪日観光客の間で日本のナイトクルージングが盛り上がれば、彼らが帰国した後もSNSや口コミで広まり、さらなるナイトクルージング需要増加のきっかけとなります。

そのため訪日外国人が激増している今こそ装飾や音楽にこだわり、準備を進めていくことが大切といえるでしょう。

 

 

Kouji Ohtake “KJ”さん(@kj.44)がシェアした投稿

 

Devia A Widjojoさん(@deviastrianiw)がシェアした投稿

POINT■実は日本国内でも非常に盛んになってきている。

■個人や企業がクルーザーを貸し切って楽しむといったスタイルも珍しくない。

■派手で豪華なクルージングパーティーを楽しみたい外国の方々にとって、照明装飾は非常に大切。
 

まとめ

グランピング用のLED照明は。プールやビーチ、またクルージングパーティーと様々な場所で活用できる。また訪日外国人急増の影響もあり、ナイトイベントは増えており今後の照明機材の需要増加も期待できる。