グランピング施設開発のポイント | お役立ちコラム | デザイン抜群のグランピングツール施工で企画運営を加速|delux

デザイン抜群のグランピングツール施工で企画運営を加速するならdelux

  • facebook
  • YouTube
  • ZENSINブログ
  • インスタグラム
  • 0120-102-548

グランピング施設開発のポイント

2017.05.29  コラム  

【グランピング施設開発のポイント】

あらゆる施設・場所でグランピング施設を新たに始めようという声を多数聞くようになりました。

またこの動きは今後ますます加速していきます。

そこでグランピング施設開発のポイントをお伝えさせていただきます。

1.事業コンセプトを決める。
グランピングが成功するかどうかは、立地、環境のポテンシャルが活かされた明確な事業コンセプトが立てられているかどうかが
重要なポイントとなる。
そのために

a.この土地の何を売るのか
基本的にグランピング施設は海・川・湖・山・森など自然環境に恵まれているのが前提となる。

その自然環境がもつ多面的な魅力を最大限に引きだし感動体験を創造することが大切です。

しかし、グランピングには

皆でワイワイBBQをしながらお酒を飲む、夜はゆっくり焚火を囲む、星空を眺める、1人で静かな時間を過ごすなど魅力は、人それぞれにあり、自由に空間や時間を創造出来る事にあることも忘れてはいけません。

また自然環境に恵まれていなくても近くに著名な観光地がある、すでにリゾート施設を運営しているなど自然に依存しないグランピング施設も人気がでている

例えば
札幌駅からほど近い最寄駅から、徒歩4分の好立地にある。
「都会で簡単にキャンプ気分を楽しむ」。そんなコンセプトを元に誕生した「Hotel Unwined(ホテルアンワインド)」は、ロッジの世界観を都会で簡単に楽しめる札幌市内のホテルです。
Hotel Unwined
http://hotel-unwind.com



すこし立地要素についてまとめてみます。

・自然環境に恵まれている
・アクセスが良い
・著名な観光エリア
・近くに温泉・プール・テーマパークがある
・既存の宿泊施設がある(リゾート施設、キャンプ場)敷地内、隣接



2.誰に売るのか?

まずグランピング施設といってもターゲット幅は広いと認識してほしい。
ユーザーからみたグランピングのイメージは

「アウトドアを簡単でありながら豪華に楽しむ」といった言葉で片付けられるのかもしれない。

しかしながらグランピングは明確なターゲット設定が必要だ。

それはファミリー、カップル、シニアなどという括りではなく

「どのような価値観をもち、どういう消費活動をしている人がターゲットになりうるか」

を特定な人にフォーカスしてプロファイリングすることが重要です。